HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記  »  中国の2013年度の国防費が約11兆1120億円! 国内治安対策(デモ対策)で約11兆5000億円、国防費を上回る中国国内問題も深刻!!―とあるSAのログオフ記219

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の2013年度の国防費が約11兆1120億円! 国内治安対策(デモ対策)で約11兆5000億円、国防費を上回る中国国内問題も深刻!!―とあるSAのログオフ記219

さて、少し古いニュースですが、今回は国防費の話です。
中国の今年の国防費の予算は7406億元(約11兆1120億円)で、去年に比べて10.7%の増加と、引き続き2桁の高い伸び率となり、急速な軍事力の増強に国際社会の間からは懸念が高まる事が既に予想されている様ですね。

中国2013年度予算

もっと環境問題の方に力を入れて欲しいですよね。
デモ対策と国防費にそこまで力を入れるのなら…。(==

中国国防費ですが、2013年3月5日、全人代(全国人民代表大会)に提出された中国政府の予算案で明らかになりました。
それよると、中国の今年の国防費の予算はおよそ7406億人民元(日本円で約11兆1120億円)で、去年の予算執行額に比べ、10.7%の増加となったと報道された訳です。
1989年以降、中国国防費の予算は2010年を除き、過去20年以上毎年2桁の高い伸びを記録しています。 実際、この10年で約4倍近くに増えていますよね。(^^;
3月4日、全人代の傅瑩報道官は会見で中国の国防政策について、『平和的で防御的なもので、他の国に脅威を与えるものでは無い』としています。 尤も、国防費の予算の内訳が明らかにされていない上に、急速な軍事力増強の目的についても不透明だという指摘もかなりあるのです。 中国軍の活動が、沖縄県の尖閣諸島周辺などの海域で活発化する以上、国際社会の間からは懸念が高まる事が予想される訳です。
大体、中国は兵器の近代化を積極的に推し進めるのも、尖閣諸島は勿論重要ですが、その後の事まで考えているのでしょう。 ただ、「20世紀型の国家運営で21世紀の覇権を狙う」とも取れる姿勢は、中国に隣接ないしは中国に近い国にとっては厄介な事なのです。 中国だって、今の経済成長の恩恵を受けたいのなら、日本等と全面戦争とは言わないでしょう。 ただ、とことん強化された中国軍と小規模の武力衝突が起こる可能性はかなり高まりますよね。

中国の今年の国防費予算は、アメリカに次ぐ、世界第2位の規模です。
日本の防衛省が纏めた平成24年版の防衛白書を引き合いに出すと、2012年度のアメリカの国防費は6882億ドル(約64兆2700億円)と世界の中で突出した額となっています。 まあ、今まで兵器開発や軍需産業の保護に力を入れ、兵器の輸出で成り立つからこその額ですね。 軍需産業に力を入れる事は色々とメリットも多いですから。 ただ、兵器の維持費の問題は深刻ですが…。
この他、主だった国としては、ロシアが1兆8500億ルーブル(約5兆6000億円)、イギリスが390億ポンド(約5兆5000億円)、フランスが380億ユーロ(約4兆6000億円)、ドイツが318億ユーロ(約3兆9000億円)。 日本の防衛費(防衛関係予算)は、およそ4兆7000億円となっています。
ただ、4兆7000億円と言うのは本来は少ない方です。 日本は島国で、排他的経済水域も含めると、自衛隊が活動すべき範囲も広く、物量もかなり必要なのです。 本来は、ですが…。
実際問題、自衛隊が運用する兵器も時代遅れが多いですです。 次期主力戦闘機と言われるF-35が契約分の数揃ったとしても、焼け石に水な位には。(==
元々、日本の財務相は防衛省に「人件費の削減」を徹底する様に要請して来ました。 お蔭で、重要なパイロットやメカニック等、予算を割かなくてはならない人件費も削減されたお蔭で、数量的には軍備が足りないと言える位です。 因みに防衛省は数が揃わない分は質でカバーする方針になっていたみたいですね。 なので、今回の予算は「緊張感に満たないものの、ようやく重要性を意識した」程度のお話でしょう。
勿論、外交の席だけで何とか出来れば良いのですが(それこそが最重要課題ですが)、それには軍事大国の中国ですら強気に出られない状況の確保が急務でしょうね。
後、中国の習近平総書記が軍をきちんと掌握し、コントロール出来る事でしょうか。 こっちは、よく指摘されている「党が軍を掌握出来ていない」という問題そのものです。
色々とネガティブな要素ばかりですが、中国が経済大国として日本にも世界にも何か言うのなら、「21世紀に求められている各国の政権の姿」を実現して欲しいですよね。 格差問題や環境問題が深刻している中で、「デモを潰す為の予算」に防衛費を上回る予算を計上している。 この時点で、中国の内政事情の危うさや脆さがかなり深刻なのです。 
『抑止力は抑止力として機能すれば良い』のですが、今後はより一層大変そうですね。



それではこれで。<(_ _)>

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ

最後まで読んでくれた人、応援してくれたら嬉しいかな。(^^
関連記事

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Free Area1
BlogRanking
応援が励みになります。

ブログ村
FreeArea2
Profile

SUPPLICE

Author:SUPPLICE
名 前:SUPPLICE
読 み:シュープリス
性 別:男
誕生日:7月1日
血液型:B型
身 長:184cm
体 重:65kg
趣 味音楽鑑賞(ジャンル問わず)、ギターベース読書ゲーム(趣味?)
得 意家事全般
不得意:色々? 欠点だらけ。
特 徴:基本的に毒舌家(気味?)らしいです。 その割に、年下には妙に懐かれます。(笑)

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FreeArea3
訪問者数
検索フォーム
ページジャンプ
全1ページ
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
QRコード
QR
ブロとも一覧
リンク
FreeArea4

写真を楽しんだり
天気を確認したり
飽きない様にしたいです。
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。