HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記  »  PM2.5問題、基準の2倍超で外出自粛! 2倍超って大丈夫!? 中国政府は最近になってようやく「自動車燃料の環境基準」を2017年末までに日本や欧州連合並みに引き上げる方針!―とあるSAのログオフ記213

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PM2.5問題、基準の2倍超で外出自粛! 2倍超って大丈夫!? 中国政府は最近になってようやく「自動車燃料の環境基準」を2017年末までに日本や欧州連合並みに引き上げる方針!―とあるSAのログオフ記213

大気汚染の原因とされる微小粒子状物質(PM2.5)が中国から飛来している問題です。
今回は久し振りに少しだけ真面目な話題の記事です。
環境省は27日、専門家会合を開き、環境基準値の2倍を超えると予測される日に、都道府県が住民へ外出の自粛などを注意喚起する事を柱とする指針を決めました。 法的な警報や注意報には当たらない暫定的な物としているみたいですが。
注意喚起の内容は、濃度により2段階で「行動の目安」を規定しています。 1立法メートル当たり70マイクログラム超では「不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす」とし、特に心臓や肺に持病のある人や高齢者、子供ら影響を受けやすい人は「体調に応じて、より慎重に行動することが望まれる」としています。 70マイクログラム以下では「特に行動を制約する必要はない」とし、影響を受けやすい人は「体調の変化に注意する」としています。

環境基準値2倍超で外出自粛 環境省PM2.5で新たな指針

効果の方は不明ですけれどね。
環境基準値の2倍超で外出自粛って、それ以上の値は問題があるから基準値を設定したのに…。
それで基準値を超えるなと言って来たのに…。 本当に大丈夫でしょうか?

当の中国ですが、PM2.5が何故これほどまでに問題になっているのに対策を打たないのかが問題ですね。
何でも、2012年夏の北京市内のPM2.5汚染源の割合は自動車や関連産業からの汚染が40~50%、他地域から運ばれる汚染が30%を占め、調理による汚染の割合は15~20%前後を占めているらしいですね。 PM2.5の特徴や誘因に関する上海での研究によると、上海市の大気中のPM2.5では、排気ガスからの物の割合が25%と最も大きい。 石油化学などの加工過程、産業用ボイラー、高炉から排出される煙もPM2.5の主要誘因で、その割合は10%を超えるみたいですね。 言うまでもなく、石油製品の質を向上させて自動車の使用、特に公用車の使用を減らし、深刻な汚染を発生させる車両を廃棄処分することこそが、PM2.5対策の重点となりそうですね。 難しいですが。

自動車や関連産業からの汚染が随分と目立ちますが、実際は「中国の自動車や関連産業」ですから、一寸注意が必要ですよね。 自動車が出す排気ガスですが、日本や欧米メーカーでそこまで悪質な大気汚染を出す車が世界中を走っている事になりますが、では同じ問題で中国の様にこうも深刻になるかと言うと、なりませんからね。 「石油製品の質を向上させて~」と先述した訳ですが、中国の化石燃料の精製技術の基準と言うのはかなり低レベルです。 「調理による汚染の割合は15~20%前後~」とも先述しましたが、燃焼効率も問題になって来るのです。
排気ガスに絞って言えば、有機化合物に由来する排出ガスは大部分が無害な二酸化炭素と水蒸気です。 ただ、微量成分として有害物質を含みます。 一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)、窒素酸化物(NOx)あるいは粒子状物質(PM)等です。 これらの排出量をある程度抑制することは可能ですが、ガソリンエンジンやディーゼルエンジン等「炭化水素を燃焼させる」エンジンを用いる限り完全に無くすことは出来ません。
と、いきなり暗い事を書いたと思いますが、現在の水準では各メーカーがエンジンの燃焼室内で起こる混合気の爆発のより良い燃焼効率を目指しています。 日本を始めとする先進国で使われている燃料その物も優秀ですし、環境対策の技術は充分に整っている環境です。 その上で、更に上を求めているのです。
ですが、中国のガソリンやディーゼル燃料等は軒並み劣悪です。 とてもではないですが、綺麗な燃焼は期待出来ません。 そうなると、排気ガスの有害物質を非常に多く含むのです。
 少なくとも、有害物質のPMの内、PM2.5だけを何とかしようと頑張れる段階ではありません。
実際、中国政府は19日までに、ガソリンや軽油など自動車燃料の環境基準について、約5年後の2017年末までに日本や欧州連合(EU)並みに引き上げる方針を決め、国有石油企業に品質向上を急ぐよう指示しましたね。 大気汚染を引き起こす微小粒子状物質(PM2.5)の原因である硫黄を削減する事が規制強化策の柱になっています。
つまり、現時点では中国国内を走っている自動車の排気ガスは極めて劣悪で、日本の常識などと言う物は通用しません。 PM2.5無しでも、常時有害物質のオンパレードです。 勿論日系企業や他の外国企業ほど環境対策技術に力を入れています。 しかし、自動車や関連産業からの汚染が40~50%等と言っても、中国の自動車メーカーや中国国内の関連産業で環境対策技術には無頓着でいた訳です。
大体、今回の中国国内の規制強化策は、有害物質を含む濃霧が連日発生し、環境対策の不備に批判が高まった事を受けての事です。 温家宝首相が今月上旬に開いた国務院常務会議で決めた訳です。 「有害物質を含む濃霧が連日発生」と言いますが、それはスモッグです。 PM2.5も深刻ですが、PM2.5とは違い、本来は既に対策は取れているのです。 それでも、今まで手を付けなかった訳ですね。
スモッグには2種類あります。 まず光化学スモッグです。 工場や自動車の排気ガス等に含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が日光に含まれる紫外線の影響で光化学反応を起し、それにより生成する有害な光化学オキシダント(オゾンやアルデヒドなど)やエアロゾルが空中に停留しスモッグ状になる事です。 「ロサンゼルス型スモッグ」とも呼ばれますね。 もう1つのスモッグは、そのままスモッグと言います。 大気中に大気汚染物質が浮遊しているため周囲の見通しが低下している状態を言います。 主に、煤煙(煤)や硫黄酸化物を主体とし黒色系で霧を伴うもので、「黒いスモッグ」あるいは「ロンドン型スモッグ」と言います。 近年、日本で起こる光化学スモッグは中国の大気汚染の影響と言われています。 日本なら、その中国の影響とやらを受けただけで大騒ぎする程の問題です。 因みに、中国国内の人々は、日本とは比較にならない位の量の両方のスモッグを毎日の様に浴びています。 今更「黒いスモッグ」で悩むのは、中国国内の使用燃料は石炭が非常に多い為です。 それほど酷い状態が今後ずっと続いて行くという見通しなのです。
歴史的に見ればですが、例えば、ロンドンの市街地では産業革命の前から、石炭を燃やした際に出る煙による大気の汚れが問題となっていました。 先進国では20世紀中盤から燃料が石炭中心から石油中心に切り替わった事に伴い、煤煙の排出量が減少し、黒いスモッグは減少していきました。 しかし、二酸化硫黄の排出量は目立って削減されず、この後「白いスモッグ」が深刻化しましたが、これも一応は解決されたのです。 日本でも。 因みに、2002年の事ですが、千葉県で全国でも18年振り(千葉県内では28年振りだったそうです)となる光化学スモッグ警報が出されました。 これも、原因は中国と言われています。 中国の経済成長に伴って、それ以降は頻繁に日本で光化学スモッグに対する注意報の発令回数も年々増加傾向ですね。
さて、原因である中国の大気汚染等を何とかしないと、日本もずっと危険になっていく訳ですね。 と言うか、近年の日本の大気汚染の深刻化には常に中国がある訳です。 対岸の火事で済めばどれほど良かったでしょう…。 最近、ようやく中国の富裕層達は「日本の空気清浄機を!」とか「日本の環境技術を!」と飛び付いています。 空気清浄機等が良い例ですね。 根本的な解決になる筈もないのですが…。

外交も環境面も日本にとっては頭痛の種ですね。
私は、日本の環境対策技術を活かして何とかしながら、日本企業が利益を上げて欲しいとも思います。 どうやったって、苦しい状況なら、それをビジネスチャンスと捉える事がこれからの日本経済にとっても、環境問題に取っても良い事だと思うのです。



それではこれで。<(_ _)>

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ

最後まで読んでくれた人、応援してくれたら嬉しいかな。(^^
関連記事

Comment
大気汚染ですか( ^ω^)・・・。
確かに地球が汚れるのは嫌だしな。
難しいですな(^_^;)

この記事読んでて思うのはニュースとか新聞とか見なくても、こんな分かりやすい記事を書けることが凄い!
ころりさんへ
こんにちは。
コメント有難う御座います。

大気汚染の問題は色々と深刻ですからね。 ただ、難しい問題ではありますよね。(^^;

> この記事読んでて思うのはニュースとか新聞とか見なくても、こんな分かりやすい記事を書けることが凄い!
有難う御座います。 そう言って頂けると助かります。

ころりさんの記事も色々と楽しめるので、これからも頑張って下さい。(^^
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Free Area1
BlogRanking
応援が励みになります。

ブログ村
FreeArea2
Profile

SUPPLICE

Author:SUPPLICE
名 前:SUPPLICE
読 み:シュープリス
性 別:男
誕生日:7月1日
血液型:B型
身 長:184cm
体 重:65kg
趣 味音楽鑑賞(ジャンル問わず)、ギターベース読書ゲーム(趣味?)
得 意家事全般
不得意:色々? 欠点だらけ。
特 徴:基本的に毒舌家(気味?)らしいです。 その割に、年下には妙に懐かれます。(笑)

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FreeArea3
訪問者数
検索フォーム
ページジャンプ
全1ページ
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
QRコード
QR
ブロとも一覧
リンク
FreeArea4

写真を楽しんだり
天気を確認したり
飽きない様にしたいです。
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。