HOME   »  2012年10月
Archive | 2012年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハロウィンの仮装は無いけれど、準備なら」

ハロウィンの仮装ですか。
私は、これといって着込みませんでしたね


でも、カボチャを使ったパイとか、そう言うのは作ってみましたね。
因みに、親戚の子は猫耳やら何やら色々付けていました。 いや、猫かどうかは知りませんけれどね。(^^;

でも、凄い可愛らしいですよね、ああいう時のあの格好。(^^

確か、ハロウィンは…悪霊や魔女等といった物から身を守る為に仮面を被って、魔除けの焚き火を焚いていた事に由来しているらしいですね。 焚き火は煙草じゃ駄目ですか?(^^;;
でも、Trick or treatをやられて何もしないのは恐いので、お菓子と例のパイは用意しておきましたね。 ほら、「Trick or treat」と言われてお菓子渡さなかった場合、子供達は本当に悪戯しても良いのがハロウィンですからね。(==
まあ、近所の子供達や親戚の子供達は楽しめたようですよ?(^▽^;



それではこれで。<(_ _)>

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ

最後まで読んでくれた人、応援してくれたら嬉しいかな。(^^



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「ハロウィンの仮装、何かした?」です。日本独自のお祭りというわけでもないのになんとなく浮き足立っちゃうハロウィン仮装は何をしよう?お菓子は何を買おう?お店にもジャック・オー・ランタンなどのハロウィンモチーフの小物が溢れていたりこの季節はウキウキしますねあなたはハロウィン、何か仮装しましたか?上から下までガッツリお化けに仮...
トラックバックテーマ 第1542回「ハロウィンの仮装、何かした?」

スポンサーサイト

「一寸ハードなけいおん!娘達」の勉強会のご褒美にけいおん!を歌ったと言うか、歌わされた!!

タイトル通り、今回は番外編です。
『タイトルは何?』とか突っ込まれそうですが、まあ堪えて下さい。(^^;
えっと、先週の金曜日に即興で記事アップした後に、丁度用件も終わったので、そのまま妹さんの家に向かったのですよ。 泊り込みの強行軍で…。orz
ええ、例の「一寸ハードなけいおん!娘達」5人の練習と勉強を見に。 分からない方はこちらの記事をどうぞ。 「5000HIT達成!! けいおん!の日常ネタ―とあるSAのログオフ記115」


結論から言うと『課題曲の方もSADAISTIC DESIREの精度も、かなり良かった』ですね。 いや、マダマダ甘い所は随分多くあるのですが、始めて1ヶ月という事を考えると、随分とサマになっています。(^^
課題曲の方はまあ、もう少し精度を上げて演奏し続けられればOKかなと。 私の場合、細かい事を言い出すと多分…『言葉の暴力だけで、彼女たちを挫折させる可能性大』でしょうから、そこら辺は少しだけ甘めです。 ただ、ミスはミスでも言い訳出来ないミスしてたら、思い切ってスパルタで多少は厳しく指導した可能性は否めませんが。 うん、5人とも頑張っていますね。(^^

X JAPAN SADISTIC DESIRE

まあ、音楽始めて1ヶ月でこの曲をキチンと演奏出来ているのだから、充分なんですよね。
当日はその事は伏せておきましたが。(^^;



さて、ここから先が問題のやり取りです。(^^;
いつも通りピンクが「一寸ハードなけいおん!娘達」青がSUPPLICE赤は妹さんのお姉さん(後輩の後輩)です。 赤はスルーしましょう。(ぇ

ここからが本題です。 色々馬鹿やっているので、是非読んで下さい。(笑)
この記事はいつもと比べるとかなり重いですが…ご容赦を。<(_ _)>

『お兄さん! いらっしゃい!!(^▽^』 妹さんの家に着くなり、妹さんが凄まじいテンションでしたよ。(^^;
『久し振り。 お邪魔します(^^』 いつも通り、親御さんにご挨拶して、妹さんに部屋まで案内されました。 妹さん、嬉しそうでした…。(笑)
『お久し振りです、SUPPLICEさん!(^▽^ 久し振り、お兄さん!(^▽^』 「一寸ハードなけいおん!娘達」一同でお出迎え状態でした。 理由は、上記にある過去記事で分かります、多分。(^^;
『久し振り。 皆元気だった?(^^』 聞くまでも無いですが、社交辞令って大切ですからね…。(^^;
『はい!!!』 ええ、元気です。 物凄く!
『お兄さん、お兄さん、早速ですけれど、勉強見て下さい。 もう食事も済ませておいたので><b』 やはり、このヴォーカルの子は小賢しい所で準備が良いです。 まあ、そうなるだろうと思って、食事は軽く済ませて来た私も私ですけれどね。(^^;
『大丈夫だよ、まだ7時半だし。 サクっと見ようか。 で、ノートはこの前も含めて、何回か各教科ごとに書いて送った訳だけれど、問題は無かった?』
『いや、SUPPLICEさん。 あれで問題がある様なら、相当危ないですから(^^』 何故か、妹さんの相方が上機嫌で答えてくれました。
『お兄さん、お嬢様がSUPPLICEさんのノートを使い始めてから、一番調子良いんです(^^;』 妹さんは『置いていかないで』と言いたげな子犬っぽかったですけれどね。 表情から察するに、現状では「お嬢様>ヴォーカル達3人>妹さん」みたいでした。(笑)
『ん?( ‥) ノ それなら、良かったんじゃないの?』
『良かったのですが…お兄さん、お嬢様が全教科の理解度が速過ぎて、私達全員が置いてけぼりです><』 腹黒なヴォーカルの子が、こうも身も蓋も無く言うとなると、問題児は4人と…。(^^;
『あ、でもバッチリでしたよ、効果は(^^』 『私は英語が一番ビックリしました。 今だと英語の先生の授業が楽です(^^』 ベースドラムの子も特に不満は無さそうです。 じゃあ、何が問題なの…?(^^;
『うん、英語って慣れないと分かり難いからね。 そこら辺は、ノートと一緒に書いておいたよね? 文法なんかも図解入れて、流れで分かる様に、追加で色々と作ったヤツ。 でも、妹さんの表情から察するに、何か問題でもあったの?(^^;』 ヒアリングって重要ですよね…。
『いや、SUPPLICEさん。 多分、妹は5人の中で一番伸びていないから、落ち込んでいるだけかと(^^;』 『ああ、そういえばお姉さんも居たっけ。 久し振り。(^^ 何で震えながら喋っているの?(^^ 寒い?(^^』 心当たりは山程ありますが、「今日、鬱憤晴らしてもねえ?」と言う状況だったので。
『いやいや、大丈夫ですSUPPLICE先輩><』 『そう。 なら、そのまま端っこで正座していて?(^^』 『はい!!><』 お姉さんは私が質問した時だけ喋れば良いと思うのです。
『お兄さん、姉さんの事は良いですから、私もガツンとお嬢様みたいに伸ばせませんか? 現状、お嬢様がチートっぽくて(^^;』 『('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン』 お嬢様が可哀想かなと思ったら、お嬢様以外は同意見なんだね、皆。(^^;;
『うん、状況は大体分かった。(^^; じゃあ、2学期の内、この前の件以前の分は皆ノートあるよね? 専用に作ったヤツ。 今までのノートと合わせて、今やっている所までおさらいして行こうか?(^^』
『は~い♪』 5人とも絶好調っぽいんですけれどね。 まあ、気を抜いたら、すぐに危険域まで落ちるのも高校生ですよね。(^^;
『得意教科に時間を多めに割く必要は無いし、苦手科目から順に出してね。 個別で構わないから』
『はい!(^▽^』
---英語2名、数学2名、妹さんが英語と数学と言う形でした---

『こっちの文法はこれで合ってますか?』 『そこが良く分からない…』 お嬢様とヴォーカルの子は英語でした。
『うん、それで合っているよ。 慌てて文章組み立てない様にね(^^』 『で、腹黒なヴォーカルさんは…うん、もう一寸パズルみたいに考えようか。 日本語で言えば、単語の配置がバラバラになっているだけの文章だしね、英語って。 大丈夫、英語に慣れたらドイツ語やフランス語も教えてあげるから(^^』 『物凄く先の話な気がしますけれどね(^^;』 『で、リズム隊2人は数式を理解出来ていないんじゃなくて、必要以上に確認し過ぎ。 確認がキチンと終わったら、自信持って次に行けばいいんだから。 そこで詰まると、変に迷い続けるよ?(^^;』 『妹さんは、妙にアタフタしているね。 そんなに自信無い?(^^;;』
『無いって言うか、これでもマシになったんですよ? でも、物凄い苦手科目で><』 『うん、でも数式の意味は理解している訳だから、もっと余裕持って解いていこうか』 『苦手なんですよ…><』 『大丈夫、苦手意識なんてすぐに無くなるって。 う~ん、速弾きみたいなものかな?』 『コツコツやれば、大丈夫と?(^^』 『そうそう(^^ あ、お嬢様、動詞の変化には注意ね、そこら辺は。 後、ヴォーカルの子は無理な訳し方はしないように。(^^; ああ、リズム隊はケアレスミス2箇所以上あるよ? もう一回見直してみて(^^』
『SUPPLICEさん、よく5人同時に進行出来ますね…(^^;』 お嬢様…それ、大学生以上への侮辱じゃない?(^^;
『うん? 昔やったし、範囲は皆同じだからね。 特にコツ要らないよ、こんなの(^^』 『そうですか(^^;』 たかが高校生の勉強です。 良い大人が答えられない筈が無いのです。 …無い筈ですよ?
---大体こんな感じで何教科か入れ替わり立ち代りで4時間一寸---

『お疲れ。 皆としては、感触はどう?』
『…今教科書読み返すと、英語でも簡単だと思いましたよ……(==』 
ヴォーカルの子です。
『えっと、分かり難い所でもあった? 何だか悔しそうだけれど?(^^;』 でも、簡単って言っていますしね。(^^;
『いやいや。 ルーズリーフを5枚並べて何やっているのかと思ったら、個人個人がつっかえる所のアドバイスを書き込みながら説明しているし! 普通、無理じゃ無いですか!?(^^;;』
『いや、曲聴いて採譜する時と似た様なもので、普通だよ? 今回は上手く行ってなさそうな所を拾ったりとか、そういう事しただけ。 特殊な事はしていないから(^^;』
『5人とも、SUPPLICEさんは周りから「化物扱い」された位の人だから、「普通」って「凄い」って考えておこう?(^^;』 『まずは黙ろうか、お姉さん(==』 『はい!><』 でも、後ろから頷く声が聞こえるんですよ。 聖徳太子みたいに、完全に個別の案件を10人同時に処理した訳でもないのに。orz
で、久し振りに言われましたね。 「化物」ね…良く言われたなぁ。(T▽T
『いやでも、高校の教師なら、一度に10人位見れそうじゃない?(^^;』 『無理です、SUPPLICEさん!!><  無理だから、お兄さん!!(T▽T』 5人全員に否定されるとは…。orz
でも、特別な事していないのにね。(^^;
『でも、分からない所って皆この程度? 明日の午前中も居るし、遠慮しなくても良いよ?』 話題をそらそう。
『いや、私の分のルーズリーフだけでも、かなりの分量かと(^^;』 お嬢様まで。 よく分からない話です。><
『じゃあ、今夜の勉強はここまでにして、分からない所は随時メールしてくれれば大丈夫かな?』 『ヾ(〃^∇^)ノは~い♪』
で、着替えた後で、皆して話していたんですよ。 今度はこういうフレーズやってみたいとか。
『SUPPLICEさん、今の課題曲のベースのフレーズやドラムってどう作ったんですか?』 ベースの子です。 ドラムの子は食い入る様にこっち見つめています。 と言うか、こっちに寄って来ているし。 息合い過ぎですね、リズム隊。(^^;
ドラムは基礎パターン作った後に、部分部分で追加して行った程度かな。 叩いて確認もしたけれど、特に難しくは無いと思うよ、慣れれば(^^』 『じゃあ、ベースは?(^^;』
ドラムに合わせながら、ベースギター弾いてたんだよね』 ギターですか?(^^;』
『うん。 大まかなベースのフレーズはすぐに出来たんだけれど、部分部分で曲の繫がりでしっくり来なかったから、そこはギター弾きながら考えた(笑)』
『そうなんですか? ベースフレーズがお姉さんのフレーズと比べて凄くノリ易いですけれど』 『そこら辺はお姉さんを叱らないとね。 妹さん?』 『は~い』 何発か頭を叩いて貰いました。
『大体ベースなんて、弦が6本あった場合、ギターと同じでしょう? チューニング変えれば』 『物凄い事言いますね><』 『そうかな? 一寸ベース貸して(^^』 『はい(^^』 『ベースって単音で弾くけれど、それ無視したら、これ位の事は出来るよね?』 『ベースでコード弾いたりも出来ると? 指弾きで?(^^;』 『と言うか、弦が少ない担当する音域の低いギターかな? 役割は違うにしても』 『凄いですよね、やっぱり』 『でも、慣れればこういうのだって出来るでしょう?』 『指板の上で両手使ってタッピングですか?(^^』 『一寸頑張れば出来るから(^^』 『頑張ります(^^』

『それはそうと、勉強も頑張っているんだから、何かご褒美でも考えないとね(^^』
『SUPPLICEさん、それなら歌お願いします』 いきなりドラムの子が言って来ましたよ。(笑)
『歌?(^^;』 『そうです! よくSUPPLICEさんのブログで「けいおん!」扱いされているので、けいおんの曲を歌って欲しいんです!!』 『あ、CDなら妹さん結構持っていますよ』 もう、皆ノリノリです。 かなり喉に来るのですが、やるしかなかったんです。><

けいおん!! GO!GO!MANIAC

素で歌って出る音程じゃないんですよね。
ファルセットの使い過ぎで声量出ないわ、音程の維持だけでも苦しいわで。(^^;



『お兄さん、マトモに歌えるってどういう事ですか?><』 ヴォーカルの子が喚いています。(^^;
『どうって?( ‥) ノ』 『以前、ファルセット使ってTOSHI位が限界って言っていたのに><』
『うん、声量が維持出来ないから、TOSHI位が限界だよ? 今回のマトモに声量出ていなかったし(^^;』
『音程キープと言う意味では、それより上行くんですか…』 『う~ん、もう少し肉体面での基礎が出来たら、今みたいなファルセットも教えられるけれど?』 『是非(^▽^』
『SUPPLICEさん、次の曲を!!(^^』 ドラムの子が思いっ切りはしゃいでいます。 この子に火が着いたのなら、もうお手上げです。(^^;;

けいおん! Don't say "lazy"

少しは楽なんですよね、これ。
苦しい事に変わりは無いですが…。(^^;


---で、とりあえず一通り歌いました---

『先輩、音域広過ぎです…』 『でも、本格的にやっている人には全然及ばないけれどね。 後、脚崩して良いって言ったっけ、お姉さん?(==』 『は、はい(^^;;』
『まあ、今日はもう遅いし、明日、曲の練習も兼ねて色々やっちゃおう?』 『は~い♪』


で、まあ、その日はお開きにして、翌日の午前中使ってバンドの練習見たんですよ。
『SADISTIC DESIREは良い出来なんじゃない?(^^』
『よし><b お兄さんがOK出したなら、大丈夫ですね(^▽^』 ヴォーカルの子と妹さんが、「何を根拠に言っているか分からない事」を言っています。 誰が見ても、Xやればシビアにカウントすると思いますよ?(^^;
『まあ、SADISTICが大丈夫なら、今の課題曲だね』
『合わせるにしては、かなり難しいですよ~!!』 『それが難しいと思っただけ進歩だと思って良いよ(^^』 5人とも一斉に難しいって所で綺麗にハモルなぁ。(^^;
『SUPPLICEさん、テンポの切り替えや転調、リズムパターン、後4/4は良いとしても…3/4や7/8や10/8、15/16の切り替えで誰かがミスるんです。 合わせると><』
『まあ、そう言う曲だしね。 出来る様になれば、リズムに関しては相当しっかりするし(^^』 ええ、リズム練習とか疎かにした人の末路は決まっていますしね。(==
『じゃあ、リズム隊のパートからやってみようか?』 『お願いします(^^』 ドラムとベース、ギターの順でやりました。
『こんな感じ。 簡単でしょう?』 『相変わらず凄いですね(^^;』 皆してそう言うけど、この課題曲のコツ掴んだら、大抵の事は出来るんですよね。
『でも、私がOK出す頃には、ある程度自分なりの弾き方出来ると思うよ?』 『と言うと?』 『う~~ん、妹さんの部屋に、けいおん!のCDとか色々あったでしょう?』 『ええ、何気に集めています(^^』 集めているんだ、妹さん…。
『あれ、軽くメタル調で弾いてみるとこんな感じだよ?』

けいおん!! No, Thank You!

メタルだとこういう風になると思って下さい。
人によってかなり違いが出るとは思うのですが、この動画も良く出来ていますよね。
私は私で要らん事を色々やっていました。(笑)



『いやいや、SUPPLICEさんこれ本当に出来るんですか?(^^;』 妹さんの相方のお嬢様が突っ込み入れて来ました。 最近、突っ込みが流行っているのでしょうか?
『いや、出来る筈だよ。 課題曲も基礎的なフレーズが中心でも、アレ少し弄れば幾らでも応用聞くからね』 事実ですけれどね。 少し弄るだけで幾らでも応用出来るフレーズの塊ですから。
『頑張ります!!!』 現金です、本当に。(^^;;
で、その後は暫く個別で練習に付き合ったり、合わせてみた時のズレる所をチェックしました。
それ終わって、土曜日は午後に妹さんの家を出た訳ですよ。

まあ、色々教えておいたので、今から出来が楽しみですね。(^^
楽しみだね、「一寸ハードなけいおん!娘達」?(^▽^
どうせ後からチェック入れるでしょうからね。(笑)



それではこれで。<(_ _)>

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ

最後まで読んでくれた人、応援してくれたら嬉しいかな。(^^

「私の子供っぽいところ」

私の子供っぽい所と言えば、「負けず嫌い」でしょうね。
ええ、嫌いなんです。 負けるのは。><

例えば、私がギター以外にベースや他の楽器も出来るのだって、『昔のバンド仲間が上手かったから、負けたままは癪だ』と思ったのが切っ掛けですから。(^^;;
でも、そのお蔭で、色々なアレンジが出来る様にはなりましたけれどね。(^^

いつも良くして貰っているブロともや相互リンクの方達のブログ、何より訪問者の方々から見ても、『SUPPLICEは良く分からない』とか言われそうですが…。
基本的に色々やるのは、負けるのが嫌いだからなんです。 自分の得意とか不得意はあまり関係なく。><
ただ、自分の守備範囲で物凄いのを見せ付けられると、大人気無いです。 子供っぽいです! 大人気ゼロで子供っぽさと負けず嫌い全開になりますね。(^▽^;

まあ、上手くあしらってやって下さい。(ぇ



それではこれで。<(_ _)>

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ

最後まで読んでくれた人、応援してくれたら嬉しいかな。(^^



こんにちは!トラックバックテーマ担当の木村です。今日のテーマは「自分の『子供っぽいところ』は?」です。時が経てば誰しもが歳をとって大人になっていきますが、「精神年齢」というものはなかなか歳をとらない部分もありますよね今日は自分の「子供っぽいところ」がテーマです。私の場合は昔から変わらなさすぎてまだ大人であるという実感がわかないくらいなので、子供っぽいとこばっかりですいいことがあればすぐに調子に乗る...
トラックバックテーマ 第1541回「自分の『子供っぽいところ』は?」


二極化が進むアメリカの大統領選挙を前に嘘・誇張・間違い探し!! 「ファクトチェック」の活躍!―とあるSAのログオフ記121

こんにちは。(^^ 最近は国内の問題も深刻ですが、アメリカ大統領選挙も注目ですね。
アメリカ大統領選挙の投票日まで、残り約1週間です。 最後のアピールを続けるオバマ、ロムニー両候補に「ファクトチェッカー」と呼ばれる人達が目を光らせています。 誇張が入り混じる両候補の主張に対し、「ファクトチェッカー」の分析が大きな役割を果たしているらしいのです。(^^ 

詳細はこちら。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20121029-00000034-jnn-int
http://www.nhk.or.jp/worldwave/marugoto/2012/10/1009.html

接戦が伝えられる今回のアメリカ大統領選挙では、候補者の一言が世論を大きく動かします。 両候補の発言を一言も聞き逃すまいと、テレビ討論会を見つめる人達がいます。
かなり面白いですよ? いや、偶に背筋が寒くなるネタですけれどね?(^^;;

オバマ大統領がアメリカの軍事費は中国やロシアなど、2位以下の10か国の合計より多い』と発言します。 そうすると、軍事費がテーマになると、すぐさま「世界の軍事費データ」を調べ始めるのです。 彼等は一体何者なのか、ニュースで報じられた時は凄く疑問でした。 疑問と言うか、何者かが良く分からないと言う、霞が掛かっていますよね、これだけだと?
結論だけ先に言うと、その名の通りに、発言に間違い誇張が無いかの「事実確認」を行う「ファクトチェック」です。 ワシントン通の元ジャーナリスト達が9年前に設立した非営利団体です。

ファクトチェックのユージーン・キーリー副代表は『大統領候補らが『正確な情報』として発言したことをチェックしています。 「どれだけ正しくない発言か」を知ったら驚くと思います』と、述べています。 これ、個人的には物凄く気になりますよね。(^^;

ファクトチェックについて

いや、洒落になっていないですからね?
アメリカは討論会どころか、CMやTVの報道でも凄いですし。



動画でも確認出来ますが、実際の討論会の一例を挙げると、以下の様になっているようです。(^^;
共和党 ロムニー候補の『この4年で58万人もの女性が職を失いました』という発言は、 彼等によると、正しくは9万3000人でした。 かなり誇張されていました。 凄いと言えば凄いですが、こういう誇張も風物詩らしいんですよね、アメリカ大統領選挙って。 何せ、今はアメリカのメディアも二極化していますしね。(^^;

一方、民主党のオバマ大統領だと『大統領に就任した時、退役軍人の失業率は一般市民より高かったが、今では低くなった』と言う発言に対して、実際には、退役軍人の失業率は一般市民よりも低かったのです。 意図してを付いたのか、言い間違いなのかは知りませんが、こういうのって凄まじく重要ですよね?
こうした「」や「誇張」や「間違い」は、日々流されるテレビCMでも同じらしいのです。><

ロムニー陣営のCMだと、『オバマ氏が再選したら、次の4年で中産階級は4000ドル増税となる』という物があるのです。
では、この内容、ファクトチェックの分析ではどうなったかというと…『ナンセンスだ。オバマ氏の提案は「年収20万ドル以下の人に増税しない」』という物でした。
ただ、オバマ陣営のCMでも、『オバマ大統領はイラク戦争を終結させた。 ロムニー氏は3万人の部隊を残すよう主張。 イラクからの帰還は悲劇的だと言った』という物があります。
これに対し、ファクトチェックは『誤解を招く表現だ』と指摘しています。
『オバマ氏自身、イラク政府と交渉時、数千人の部隊を残すことを望んだ』という風に分析したのです。
根拠のない事実が織り込まれる選挙戦。 有権者はどう考えているのか、ニュースでは非常に興味深いものでした。 今回の記事の動画は是非見て下さいね?
有権者たちは『同じ発言が続くと、事実でなくても信じてしまう人がいるかも』とか『投票前に「何が真実か」を長時間ネット等で調べます。 ファクトチェッカーのお蔭ですぐに分かるようになりました』等という意見が目立つ様なのです。 日本と同じ様に、皆が政策を疑っていますね。 まあ、今の日本よりはマシな回答をする有権者の例みたいですが。(^^;;

インターネットが重要なツールとなった大統領選挙。 分析結果をネット上で瞬時に配信し、全米のメディアにも情報を提供するファクトチェックの存在感は増しています。
ファクトチェックのロバート・ファーリー副編集長は
『有権者が最終的に信用出来るのは第三者からの情報。 「ファクトチェック」の分析が良い選択に繋がって欲しい』と語っています。

アメリカのメディアも二極化したと先述しました。
じゃあ、どの程度かと言うと、簡単に言ってしまえば『報道番組では、キャスターが民主と共和、それぞれの大統領候補に肩入れするコメントをする』のは当たり前の光景です。 いや、昔からアメリカの大統領選挙の報道って「ある程度は過激」なんですけれど、最近は酷いみたいです。(^^;
現在では、アメリカの大統領選挙では民主と共和、いずれかの党派色を強く打ち出した報道を行うメディアが一段と存在感を増しているのです。 こうした状況を受けて生まれたのが「レッドメディア」と「ブルーメディア」という言葉です。
共和党寄りの報道をするメディアは、共和党のシンボルカラーと見なされる赤をとって「レッドメディア」と呼ばれます。 民主党寄りの報道をするメディアは、民主党の青から「ブルーメディア」とも呼ばれています。
保守色が強いFOXニュースだと『オバマ大統領が続投すれば、アメリカの将来、ヨーロッパのような混乱状態に陥るでしょう』と述べていたり、リベラルのMSNBCだと『ロムニー氏が創業した会社では多くの雇用を中国など海外に流失させています』位は述べています。 メディアのキャスターの発言がどれほどの影響力を持つかと知った上で。(^^;;
この状況、スタンフォード大学でメディアの研究をしているアイエンガー教授は『今回の選挙戦で民主党支持者と共和党支持者との二極化が進み、視聴者や読者を獲得しようとするメディアの間でも、より二極化が鮮明になってきている』と指摘しています。 アイエンガー教授は『民主党支持者は共和党支持者が嫌いですし、その逆もそうです。 だからFOXやMSNBCも偏った番組を作ろうとしているんです』と述べています。
先程のファクトチェックはそう言う状況にうんざりした有権者達にとっては救いですよね。
因みに、こういうアプローチで挑戦する方達は他にも居ます。
フロリダの地方紙、タンパベイ・タイムズ紙です。
読者にもっと客観的な情報を提供するべきだとして、インターネットサイト「ポリティファクト」を立ち上げました。
「ポリティファクト」では、大統領選挙の候補者などの発言や選挙広告が事実に基づいているのかどうかを検証し「正しい」から「真っ赤なうそ」までの6段階で評価。 その結果をインターネット上に公開しています。
ファクトチェックもそうですが、メディアも事実確認だけはきちんと行った上で報道して欲しいものですよね。(^^;




それではこれで。<(_ _)>

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ

最後まで読んでくれた人、応援してくれたら嬉しいかな。(^^

スカイツリーからの電波で想定以上の障害が発生! 影響も甚大で大混乱!?―とあるSAのログオフ記120

ニュースが気になったので、この記事です。
今年の5月に開業した東京スカイツリーですが、東京タワー(333メートル)から東京スカイツリー(634メートル)への電波塔移転が、当初予定の来年1月から大きくずれ込む見通しとなった事が27日、報じられました。 スカイツリーから電波を出した場合、想定以上の障害が発生する恐れが強く、対策に時間が掛かる為です。
NHKと在京民放5社の放送事業者には、視聴者の多い昼間に東京タワー電波を止めて、スカイツリーの障害の全容を把握すべきだとの声もあり、視聴者を巻き込んだ大きな混乱も予想される様です。 今更、祖の様な事態になるかもって色々心配です。(^^;;

詳細はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121028-00000007-mai-soci

放送事業者は東京タワーから電波を関東広域圏に送出しています。 東京タワー開業から50年以上経ち、周囲に高層ビルが建ち並んだ為、ビル陰等による電波障害の解消や新たな観光名所を目指して、約650億円掛けてスカイツリーは建設されました。 今更ですよね。 万全に万全を期している筈なのに…。(==
スカイツリーのアンテナは東京タワーより200メートル以上高い位置にあり、ビル陰などによる受信障害は大幅に減少すると予想されていました。 ところが、今年7月からNHKと民放各局が共同で、スカイツリーから試験電波を出して受信状態のサンプル調査を始めたところ、電波が強過ぎる事やアンテナの向きが原因で、全く映らない世帯が方角や地域に関係無く見付かったのです。(^^;;

電波障害の全容把握の為の電波試験には、東京タワーの電波を止める必要があり、視聴者の多い昼間の試験となると影響も甚大になります。

NHKの幹部は「1月の移転は無理。 アナログ放送と並行した地デジ化とは異なり、今回は一夜で行うため、それまでに難視聴世帯対策を完了する必要がある。 5月までに解決したいが、莫大な追加費用が掛かる」と戸惑いを隠せない様です。 
総務省関東総合通信局は「受信対策をしっかり行って、早く移転日を決めて欲しい」と述べているとの事。(^^;

勿論、記事を書いている時点では解決策や対策の詳細は発表されていません。 29日の昼休みですが…。(^^;
今後、どういう対策が採られるのか、その他諸々動向に注目したいものですね。



それではこれで。<(_ _)>

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ

最後まで読んでくれた人、応援してくれたら嬉しいかな。(^^

Free Area1
BlogRanking
応援が励みになります。

ブログ村
FreeArea2
Profile

SUPPLICE

Author:SUPPLICE
名 前:SUPPLICE
読 み:シュープリス
性 別:男
誕生日:7月1日
血液型:B型
身 長:184cm
体 重:65kg
趣 味音楽鑑賞(ジャンル問わず)、ギターベース読書ゲーム(趣味?)
得 意家事全般
不得意:色々? 欠点だらけ。
特 徴:基本的に毒舌家(気味?)らしいです。 その割に、年下には妙に懐かれます。(笑)

Calendar
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FreeArea3
訪問者数
検索フォーム
ページジャンプ
全15ページ
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
QRコード
QR
ブロとも一覧
リンク
FreeArea4

写真を楽しんだり
天気を確認したり
飽きない様にしたいです。
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。